太る飲み物

飲み物で太れる?太るのに適した飲み物を探してみた

飲み物を飲んで太ることはできないか??今回は様々な飲み物で、太ることができるのかどうかをご紹介したいと思います。

ビール

ビールが大好きな人は嬉しい報告かもしれません!ビールを飲めば太ります。とはいっても、飲む量に比例して太るので、まあまあ飲める人ならば太れるという感じです。

ビールは350ml缶1本あたり、140カロリーになります。ですから1本で満足できるという人なら、ビールで太ることはできないと思います。中ジョッキになると210カロリーありますが、中ジョッキを2杯3杯・・・と考えると、やはりそうそう飲めないですよね。

ちなみにアルコールというのは炭水化物よりカロリーが高いので、ビールをガンガン飲む人であれば太ることは確実です。ビールが好きな人ならば、おつまみも一緒に食べ進めていくことで、どんどんカロリーを摂取できますから太ることが可能です。

コーラ

ジュースの代表格と言っても過言ではない、コーラ!甘いですし、カロリーも糖分もかなり含まれていますので、間違いなく太ります。

しかしコーラには「リン」という成分が配合されており、リンはカルシウムを溶かす作用があるので、体にはあまりよくないことが分かっています。つまりコーラを飲みまくっていれば太ることは確実なのですが、それ以上に体への負担が大きいので、コーラで太ることはお勧めできません。

ジュース

コーラではなく、そのほかのジュース類ではどうなのか?やはりジュースを飲み続ければ太ることはできます。しかし、毎日ジュースを飲んでいると「糖尿病」になってしまう危険性もありますので、飲み過ぎてはいけません。

ジュースというのは、砂糖がたくさん入っていますので、原材料に砂糖と記載されている飲み物は基本的に太ることができると考えていいでしょう。しかし飲み過ぎると糖尿病の可能性もありますし、血液がドロドロになってしまうので、お勧めはできません。

コーヒー

コーヒーを飲んで太るという話はあまり聞いたことがありません。基本的にブラックコーヒーであれば、むしろダイエット効果があると言われています。ちなみに、砂糖やミルクを入れたコーヒーにはそれだけのカロリーはありますが、コーヒーのカロリーで太るということはあまり考えられません。

コーヒーで太るという理由は、コーヒーに含まれるカフェインにより利尿作用が起こり、体を冷やしてしまいます。すると代謝が低下するので、太る原因になるのです。

1日に10杯以上のコーヒーを飲んでいる人は、代謝が悪くなって太っていく可能性はありますが、この方法は体によくないので、お勧めできません。

ココア

甘い香りのココアは、純ココアであれば砂糖は入っていないので太る要素はなく、ポリフェノールが豊富に含まれているので健康にも良い飲み物です。しかし純ココアはとっても苦いので、やはり砂糖を入れて飲む人が多いと思います。

砂糖入りのココアであれば、カロリーも多いので飲めば飲むだけ太る原因になるでしょう。とはいえ、飲みすぎるのはあまりよくないので、砂糖入りのココアを1日必ず1杯〜2杯飲むなど、習慣化してみると太りやすくなるかなと思います。

page top